睡眠の質をあげるのはとても簡単

睡眠の質をあげるために必要なことは、睡眠前の2時間前に気を付けることをきちんと守ることです。睡眠前の2時間前に気を付けなければいけないことというのはとても簡単で、誰でもできることで、なおかつ費用もかかりません。まず、睡眠2時間前までには入浴を済ませておきましょう。気温が高い真夏だとのんびり入浴するのは面倒ですが、それでも入浴することで汗をかき代謝も良くなりますし体も程よく疲れ、布団に入ってから眠りやすくなります。また、睡眠の質を良くするためには布団に入る2時間前から液晶画面を見ないようにすることも大切です。布団に入りながらスマホを見てしまうことも多いですが、せっかく眠りたいモードになっているのに、液晶画面から発せられる明るいブルーライトのせいで眠気も冷めてしまいます。ですから寝ながらスマホを辞めることも必要ですし、きちんと目を休めることも大事です。そして、考え事も脳を休ませず眠れなくなる原因になるので、睡眠の質をあげたいなら寝る時に考え事や悩み事を頭に浮かべるのはやめましょう。

コメントする