睡眠の質をあげるために

わたしが毎晩行っている睡眠の質をあげるためのことは、まず寝る前に明日の準備をすることです。わたしは寝つきが悪く寝る前にいろいろ明日のスケジュールを考えてしまうので、朝起きてすぐ服だけ着ればいい状態に整えます。これだったらギリギリまで安心して寝られるます。やはり寝ている時しっかり寝られるかは、起きている間の仕事や学校での心配事の有無が関係していると思いますから。脳が覚醒しちゃう!とか細かいことを気にせず、寝る前にある程度明日の仕事や予習・準備を終わらせます。
そして寝た後、朝まで一切起きない努力も必要だと思います。私以外にいると思いますが、就寝中どんなにマナーモードにしていてもLINEや電話が来る前って、電波を脳が拾っちゃうのか、起きちゃうんです。だから全ての電子機器の電源を切ります。目覚まし時計がなくて携帯の電源が切れない人は、枕元に携帯を置かず、足元か遠くに置いてください。それか機内モードがオススメです!これだけで夜から朝まで1度も起きずに寝られます。やっぱり1番の肝はケータイとの付き合い方だと思います。就寝前後の携帯の使い方を自分ではかってみることがいちばんだと思います。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました